鍼 ~あなたの力に気づき信頼する~

【人間の体は自然の一部】という考えに基づく東洋医学

その思想の中から生まれた鍼治療、そのメカニズムは臨床でも研究され、統合医療の位置づけとして今は欠かせないもの。そのメカニズムについては、未だ解明されない部分は多くあります。

けれど、未病の領域においての鍼の刺激には驚かされることばかり。

それは、純粋に人の持つ計り知れない可能性と、自然の一部である人間の治癒力なのだと、感じます。

東洋医学からの視点を分かりやすく置き換えて、両方の視点から見て行くことを心掛けています。

 

【鍼】のこと

鍼は、もともと古代中国に発生した治療技術。

日本人の体質に合うように、

さした時に痛みが少なくなる工夫が

今でも日々、日本の技術により改良されています。

使用する鍼についてはこちら

【気】のこと

 

生命力の源、

目に見えないエネルギーとして

体内をくまなく巡り機能している

【経絡】のこと

 

気(エネルギー)が通る道

エネルギーの通り道は、

内部の臓腑器官(五臓六腑)と、

外部の皮膚を結びつけています。

この考え方は、

生理学での【体性ー内臓反射】として知られている

メカニズムに説明されます。

例えば虫垂炎の時、

右下腹部(体表)に

内臓の痛みの反射が出るというように。

 

 

鍵の入口

ツボと呼ばれる鍵穴から、

鍼を使って刺激を届けていきます。

現在、WHOが認めているツボの数は361穴。

 

ツボ(経穴)のこと

 

エネルギーが、

体の内外を出入りする場所。

刺激すると、

エネルギーの滞りが改善される治療点

*内臓の状態が皮膚に現れる反応点

*筋肉・筋膜の痛みの好発部位=トリガーポイント

*筋肉・腱・関節、神経、血管の走行に沿ってある点

*経絡と呼ばれるエネルギーの通り道が交差する点

 

 

メニューはこちら