アロマトリートメントで使用する精油のこだわり

アロマトリートメントで使う精油には、たくさんの人の想いが込められています

精油に込められた想い

こちらの精油に出会ったのはロンドンスクール・オブ・アロマテラピー・ジャパンの校長であるバーグ文子さんとの出会いからです。
ドイツ、アメリカでモダンアロマテラピーの第一人者、化学者カート・シュナウベルト博士とともに、海外の有機農場まで足を運び、精油の蒸溜方法からその過程を直接目で見て確かめ、生産者さんとの信頼関係のもとに精油を購入されています。
大きなビジネスを目的としない有機農法の農家さんで大切に育てられた植物、精油を専門に蒸溜する職人さんによって丁寧に抽出されてたハイグレードな精油です。 

 

 

L’Authentiel(ロタンシェル)bio-tracable(ビオ・トラサブル)の精油について

*bio-tracable=有機栽培で天然純粋、由来が明確

*有機栽培または野生の原料植物を使った限定的なエッセンシャルオイル

*栽培農家、蒸留技術者を特定し、生産者から直接仕入れるエッセンシャルオイル

*調整や偽和の心配が一切ない

*香り、エネルギー、使用感、結果がはっきりと違います

だからこそ、欲しいときに精油が売り切れて、手に入るまで時間がかかることもありますが、これだけのクオリティーの高いものと出会えたことは幸運なことだと思っています。

何よりも私の手に届けられるまでに、この精油に関わる方々のたくさんの想いが込められていること、その想いがお客様に届けられることを嬉しく感じます。

信頼感と安心感を持ってアロマトリートメントをご提供できることは、施術者としてこの上ない喜びです。

 

精油の品質基準

原料植物は有機栽培か野生というのはもちろんですが、適切な種、産地、部位であることにこだわり、適切でないものは一切使用しません。香りも効果も十分楽しめる最上級のグレードを常に提供します。
AB: Agriculture Biologique(アグリカルチャー・ビオロジック)

EU(ヨーロッパ経済共同体)の規定で1985年以来、フランスのオーガニック製品のナショナル・ロゴです。土壌や材料、最終商品に至るまでの審査を行ない,無農薬有機栽培の正式認証です。最低3年間の有機農法を続けていること、さらに1年毎の抜き打ち検査が実施されています。

Demeter(デメータ)

1927年発足のバイオダイナミック・アソシエーションによる認証で、ルドルフ・シュタイナー博士の精神科学に基づくバイオダイナミック農法の作物、製品に与えられます。各段階で生命の循環に悪影響を与えることなく,農産物の生命力を最大限に活かす方法をとります。このような農法で出来上がった産物は、身体だけでなく心と精神に滋養とエネルギーを与えることができます。世界で最も基準の厳しいオーガニック認証とも言われています。国際的な評価,査定はデメーター・インターナショナルに基準に沿うものです。

USDA(米国農務省)

米国農務省によるオーガニック基準です。米国使用認可基準に沿った有機栽培(農薬、化学肥料を使用していない、オ―ガニック原料を使用する)を3年以上続けている有機農場からの作物であることが条件です。

CERES: Certification of Environmental Standards GmbH (セレス)

ドイツの有機栽培審査認定機関で日本農林水産省のJASや米国USDAとも提携しています。

などの認定を受けた農家よりオイルを仕入れています。途中で仲介業者の介入がないので有機生産農家の高い水準をそのまま、フレッシュで混ぜ物のないAuthentic(オーセンティック、正真正銘)なオイルです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です