ワイン好きには分かる香り~ラベンダーはFranceのプロヴァンスの上質なもの~

何年か前に行ったのは、プロバンスのソーという場所。ここの真正ラベンダーは高地で育ち質の良い成分が含まれる最上級と言われます。(サロンではこちらのラベンダーを使用しています)

 

 

 

 

 

 

 

ラベンダーと言えども香りは様々。濃い香りは鼻に印象を与えますから、一瞬、誤魔化されそうになりますが、本当に品質のよいものはそんなに濃くはなく、とても自然に香ります。

天然100%と表示されていても、人工的な成分が含まれ調整されたものは、すぐにそれだと気づきます。
アロマの品質はよくワインに例えられます。

その時、その土地、その時の気象条件…によって、含まれる成分は、植物がその時々の条件に合わせ生き残るために、必要な成分を自身で作り出し絶妙に変化します。

その絶妙な変化を、ワインでは香り味わい楽しむと思いますが、アロマも同じくその時の香りと品質を楽しみます。
きっと、ワインをお好きな人はそうだと思いますが、質の良いものか、そうでないのか、頼りになるのはご自身の感覚。そして生産した人との信頼関係なのかと感じます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です