美しさの表現方法は自由

美しさの表現方法は自由

自分の持つ《美しさ(本質)を表現したい》。その表現を一体どんな形にしたらいいのか、どう表現したらいいのか分からない。ここのところ、施術、アロマセルフケア講座、香りのワークショップに来てくださる方に共通しているコト。

そこに、モヤモヤしたり、グルグルしたり。出したいモノはあるのに。出したいのに、出せない!といった感じ。

香りを使うことでよく分かるのは、感じ方も、感じたことに対する表現方法も、一人一人で全く違うこと。

例えば、香りを色で表現する人もいれば、言葉で表現する人がいたり、イメージで表現する人、クッキリとしたビションで表現する人もいます。

その感性や感覚が、個性であり、その人にしか持っていない《美しさの原点》だと思います。

だからこそ、まずは香りを使って、人と違う感じ方も、人と違う表現方法も知って欲しいな。

感じていることを自分自身が否定せずに、自由に感じて欲しいなと思います。

それを手がかりに、何をどんな方法で表現したいか、どんな表現方法が得意なのかも見えてくるはず✨と、私は感じます。

その人その人に、持っている美しさは違う。
表現するモノも、その方法も違う。

それこそが、世界にたった一つだけのオリジナル。

科学的に説明がつかないことは、芸術性の部分が大切と、聖路加国際病院の故日野原先生のお言葉があります。

感じる力は、体も、心(自己表現)も、豊かに健やかにして,自分のオリジナルを探す手がかりとなり、美しさを表現する源になってくれると思います。

今日の香りのワークショップ《世界に一つだけの香りづくり》私を香りで表現する。

好きな香りから、感じたこと、感情、私を見つけて、なりたい自分を香りで表現✨

スプレーに閉じ込めた香りをシュッと香った時、なりたい私のイメージと感覚から繋がるようになっています。

いつも私のことを忘れないでね⭐️と、香りが気づかせてくれます。

私の言葉の表現も、どこまで誰に届くかなと、いつもオドオド〜。

私が得意とする表現方法は、施術(その人へ合わせた心地よい刺激を創り、体からメッセージとして届けること、それがコミュニケーションの手段)。

だから言葉で伝える苦しさがいつも伴うけれど、出しちゃうと私自身のモヤモヤが消えて、スッキリします。

健康的だと思います✨

きっと、同じように感じている人、必要なタイミングの人へ言葉も届くかな〜。

《美しさを表現するあなたへ》

体と心からあなたへ繋がる
想いの繋がる場所
〜Green Forest 恵比寿〜

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です